飲んで、むくみ取り!ムクトレール|改源/カイゲンファーマ株式会社

メニュー

むくみ予防プチ習慣 飲む+むくみケア|【第1回】脱!むくみ足への第一歩?いつものオシャレ大丈夫!?

オンやオフ、何気ないコーデに使う服や靴。実は普段の服装が無意識に、むくみを引き起こしていることも少なくはありません。むくみは体内に余分な水分がたまった状態。ついつい体が無理してしまう下半身のオシャレは、体の巡りに影響するので要注意です!

“見た目はギュッと美しく”でも…
体の内側まで締めつけている
「スキニージーンズ」

細身に見えてスマートな印象を与えてくれるスキニージーンズ。履いている時に限って足がむくんでいること、ありませんか。体を締めつける服は、静脈やリンパ管も締めつけてしまいます。むくみ対策の圧着ソックスも、自分の足に合っていないと逆効果。体の締めつけが水分の流れを滞らせ、むくみを引き起こしてしまいます。

スキニージーンズ

“しなやかに颯爽と歩く”でも…
思うより足は頑張ってしまう
「ハイヒール」

おしゃれにキメた日は、ハイヒールでカッコよく歩きたいものですよね。ですが、ハイヒールを履くと、足の筋肉は緊張したり、疲労しがち。筋肉は体の余分な水分を心臓へ送る、ポンプのような働きをします。無理な負担は筋肉の働きを弱らせてしまい、むくみ足の原因となる水分の巡りの悪化につながります。

ハイヒール

まとめ

足を締めつけたり、負担をかけるオシャレはほどほどに。家では楽な格好で体をリラックスさせてください。足のむくみは外側からの要因を防がないと、せっかくのケアも期待できません。普段の服装から心がけたいものです。

取材協力・監修

高橋 宏和 先生

高橋 宏和 先生

明石市 末広薬局 代表 / 京都漢方研究会理事・講師 / 京都薬科大学非常勤講師(「漢方医薬学」担当)
1978年徳島大学薬学部卒業。在学中に村上光太郎先生に漢方の指導を受ける。同年、(医)聖光園細野診療所に勤務。在職中に細野史郎、坂口弘、中田敬吾、山崎正寿各先生に漢方の指導を受ける。1991年兵庫県明石市にて末広薬局を開局。現在に至る。

ページの先頭へ