飲んで、むくみ取り!ムクトレール|改源/カイゲンファーマ株式会社

メニュー

むくみ予防プチ習慣 飲む+むくみケア|【第5回】エクササイズは、「続けやすい」が基本。

足のむくみケアは頑張らなくても続けやすいことが大切。マッサージと同じように、エクササイズも簡単に、そして手軽に行いたいものです。数分で、しかも簡単にできる、むくみ解消のエクササイズをご紹介。ちょっとした空き時間から、ぜひ始めてください!

段差を利用した、アップダウン運動

段差のあるところで、30回を目安にかかとを上げたり下げたりする運動です。「ハ」の字型につま先を閉じたり、両足のかかとを合わせて開いたりして、ふくらはぎの筋肉を十分に動かすことを意識しましょう。足の筋肉は血液を送り出すポンプのような働きをしています。足のむくみ解消に、ふくらはぎの運動は欠かせません。

アップダウン運動ふくらはぎのさまざまな筋肉に働きかけることができます。

股関節を柔軟に、足の振り子運動

まっすぐ立った状態で、片足を振り子のように前後へ振ります。骨盤とお尻をしめて上半身はまっすぐに。このとき、骨盤を前後左右に大きく動かすことなく、股関節を前後に揺らして行うことが大切です。足の付け根からしっかりむくみ予防を。
雨などで足元の悪い日は、ウォーキングの代わりにもぴったりです。

足の振り子運動全身が映る姿見鏡の前で運動を行うことをおすすめします。

さらに手軽な、寝たままでの運動

横になったままでもエクササイズは手軽に行えます。まず、仰向けの状態から、足首を内側や外側に倒します。その際、倒れにくい方をより長く倒した状態でキープ。
溜まった老廃物や水分を押し流す動作として、意識して取り組んでください。

寝たままでの運動実は、寝たままの状態の方が効果を得やすいといいます。

まとめ

ふくらはぎをはじめ、足の筋肉は血液を心臓へ送る、ポンプ機能を果たしています。長時間同じ姿勢でいると筋肉が硬くなり、血液の流れが悪くなってしまいます。筋肉を伸び縮みさせるエクササイズで、むくみを解消しましょう。

取材協力・監修

フットセラピスト 長谷川 久美 先生

フットセラピスト 長谷川 久美 先生

自然療法フットケア資格認定者。大手フットサロンでセラピストとして何千という足を施術。足の繰り返す症状を何とか治したいという思いから、根本改善を目的としたメソッドを習得し独立。2015年6月に、豊中で唯一の“足専門サロン”「Re Sole (リソール)」をオープン。「足・靴・歩行」の三方向からアプローチすることで、足のむくみ・冷え・外反母趾の改善に、施術からカウンセリングまで担当されています。

ページの先頭へ