飲んで、むくみ取り!ムクトレール|改源/カイゲンファーマ株式会社

メニュー

私のむくみセルフケア|Case 3:歯科衛生士|仕事に夢中で気づかない間に座りっぱなしの足がパンパン。

プロフィール

辻本 理絵さん 歯科衛生士

辻本 理絵さん
歯科衛生士

  • お仕事
    結婚・出産を経て仕事に復帰、歯科衛生士歴10年。
  • モットー
    いつも明るく、患者さんがリラックスできるように。
  • 職場
    前かがみで作業していると、身体はガチガチに…
  • 体質
    冷え性で代謝が悪く、むくみやすい。
  • むくみ歴
    10年ほど前、妊娠してからむくみやすくなりました。
  • むくみ症状
    こまめにストレッチしないとすぐパンパンに。
  • むくみレベル
    季節に関係なくむくみが慢性化。
  • お悩み
    足がむくみすぎて、階段を上がるのが大変なんです。

患者さんの口の中がキレイになるのが嬉しくて
ずっと同じ姿勢のまま、作業すること小一時間。
気がつけば足がパンパン…という毎日です。

インタビュー

辻本 理絵さん 歯科衛生士

歯科衛生士は国家資格。仕事の魅力を教えてください。

ドクターの診察を手伝ったり、歯石や歯垢を除去して口の中をキレイにするのが主な仕事です。口の中のお掃除は根気がいる作業ですが、私が処置することでキレイになっていくのを見るのはなかなか気持ちがいいですよ。患者さんに「ありがとう」と喜んでいただけるのも嬉しいです。歯医者さんって行きにくい場所だと思うけれど、歯はメンテナンスも大切。だから定期的に来ていただけるように、職場では患者さんがリラックスできる対応を心掛けています。

細かい作業が多そうですが、お仕事は大変ですか?

立ったら立ちっぱなし、座ったら座りっぱなしということが多いですね。特に歯石を取る時は座った状態で患者さんの口の中をのぞき込みますから、不自然な姿勢のままで小一時間作業することになります。作業中は集中していて気づかないのですが、終わったら身体中がバキバキに。足もどんどんむくんでいって、一日の終わりには階段をのぼるのも辛いほどです。職場の同僚も同じ悩みを抱えていて、ドクターもむくみ対策のソックスをはいているほど。

辻本 理絵さん 歯科衛生士

むくみ解消で心掛けていることはありますか?

長時間同じ姿勢が続くので、時間を見つけてはこまめにストレッチをしています。特に足のストレッチは念入りですね。診療器具の準備など立ち仕事をする時には作業をしながら必ず足をぎゅーっと伸ばします。キッチンで洗い物をしている時も、片足ずつ曲げたり伸ばしたり。また、減塩醤油を使って塩分をなるべく控えたり、水分の適度な摂取も心掛けています。本当は定期的に運動して代謝を上げればむくみもとれると思うのですが、仕事から帰って家事と子育てをしていたら時間はあっという間。簡単にむくみを解消する方法があったらいいのですが。

お仕事と主婦業の両立は大変。特別なケアはしていますか?

むくみ対策だけが目的ではありませんが、整骨院に行っています。施術を受けたらとっても気持ちがよくて、その時はむくみもとれて快適なんですよね。でも、毎日が忙しすぎて今は月に1度行くのがやっと。なかなかむくみ解消とはいきません。せめて普段の暮らしの中でもっといろいろケアできたらいいんだけど、日常に追われて自分にかまっている余裕がないのが現状です。ああ、このむくみがなくなったらスッキリするのに。

辻本 理絵さん 歯科衛生士

辻本さんと同じ悩みを抱える全国のむくみ女子にひとこと。

年齢とともにむくみの悩みも深刻になっていきます。10年後の自分のために、今から自分の身体をいたわってあげてください。自分の身体に関心をもって、辛いところはできるだけケアをして。その積み重ねが後々の健康に影響しますよ。特に子育て中の主婦の方は、時間的にも体力的にも余裕がないかもしれないけれど、時には自分に優しくしてくださいね。毎日忙しくて大変だけど、元気で頑張っていきましょう。

ページの先頭へ